黒潮のお話

0

    こんばんは☆

     

    週明け月曜日!

    今日も暑い1日でしたね。

     

    本日は久しぶりに海なしDAY!!ということで

    陸上で窒素抜きです(笑)

     

    お店で事務作業がはかどった1日でした☆

     

    そんな本日は最近個人的に気になっていたことを

    調べてみましたのでその内容をお話しようかなと思います♪

     

    テーマは「黒潮」について

     

    8月になってようやく梅雨は明け、陸上の気温はグーンと

    上がりましたが、水中はつい最近まで例年にないくらい冷たく震えてました。

    なんかここ2〜3年くらい伊豆の海おかしくない?

    って思ったのがきっかけでした☆

    ネットでしばらく漁っていたところ、こんなキーワードが出てきました。

     

    「黒潮大蛇行」

     

    聞いたことある方もいるかもしれませんが、通常の黒潮の流れに対して

    紀伊半島・遠州灘沖あたりで南へ蛇行する流れののパターンのことを言います。

     

    引用元:https://weathernews.jp/s/topics/201709/290215/

     

    なんか記憶あるな〜と思っていたらちょうど大学1年生くらいの時に少し話題になっていたのを

    授業で聞いた記憶が微かにありました(笑)

     

    今回の黒潮大蛇行は2017年8月末から始まっており、

    ちょうど3年ほど大蛇行が続いていることになります!

    過去には4年以上続いた期間(1975年8月〜1980年3月)もあったみたいで、

    今回の3年という期間は観測史上2番目に長い期間だそうです。

     

    ちなみに前回大蛇行が起こったのは2004年7月〜2005年8月までだったとのことで

    僕の記憶もあながち間違っていなかったなと(笑)

     

    それはさておき、この黒潮大蛇行が8月の冷たかった水温と関係があるのかどうかは

    正直、わかりませんでした(;^ω^)

     

    ただ、ここ2〜3年潜っていて何か変だなって感じたこととは少し関係があるかな〜と思ったので

    幾つかピックアップしてみます!!あくまでも個人的な見解ですが☆

     

    ●高潮の被害

    →ここ2年くらい大瀬崎で台風と大潮のタイミングが重なると高潮の被害が出てますが、黒潮大蛇行と高潮の関連性はあるみたいですよ。

     

    ●冬の水温が下がりきらない

    →ここ2年くらい冬場でも水温が高い。本来育つはずの海草が育たず、冬に見ることができる生物相が少し変わった(ダンゴウオとか例年より少ない気がする)?さらには季節来遊魚(死滅回遊魚)が越冬しているなど。大蛇行が影響しているのかもしれませんね。

     

    ●浮遊性の生物や回遊性の生物の目撃

    →2018年、2019年とリュウグウノツカイの幼魚やユキフリソデウオなどの目撃情報が多かったり、実際に見たりもできました。

    さらには2019年には大島でザトウクジラや初島でニタリザメを目撃するなど回遊性の生物も多く見られました。これも黒潮の流れの影響なのかなと個人的には感じました。

     

    とまぁ長々と書いてしまいましたが

    今回調べてみて思ったのが

    伊豆の海で潜っていてその年その年の海が良かった悪かったってだけを記憶に留めておくだけでなくて

    もう少し視野を広げて、ほかの地域の海がどうだったかとか、黒潮の流れのパターンは?とかも見ながら

    その年その年の海を感じていければもっと視野が広がるかなぁと思いました。

    地球温暖化や異常気象という言葉だけで簡単に片づけてしまうのではなくて

    もう少し踏み込んで考えてみようときっかけになりました。

     

    ちなみに黒潮大蛇行は異常気象とかではなくて

    黒潮の安定した流れのパターンの1つらしいです。

    大蛇行のメカニズムとか気になる方は

    「黒潮大蛇行 メカニズム」とかでググってみるとちゃんと解説してあるサイトがあるので見てみてください。

     

    ご清聴ありがとうございました!!

     

    以上、明日からはまたAOW講習、ファンダイビングと海潜ってきます♪

     

    透明度も水温もグングンアップしている海を今潜るしかないですよ〜☆

     

     



    カレンダー

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << November 2020 >>

    ツアースケジュール

    最近の記事

    過去の記事一覧

    リンク

    プロフィール

    ブログ内検索

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM